カメムシに注意!! 今年は大量発生するぞ!!

日常

昨晩、取り込んだ洗濯物を畳んでいたら、何やら下着に妙なものがついていることに気がついた。
黄緑色の、プチプチとした粒がついていた。発泡スチロール球の緩衝材みたいなやつだ。

……まさかと思って調べてみたら、カメムシの卵であった。
そう、カメムシの卵

ガチで、カメムシの卵である。一応写真は撮影した。虫の嫌いな諸君に配慮してボタン内に隠してあるが、カメムシの卵がこんな感じだとは知らなかった。ボタンの中に隠してある。カメムシの卵をだ。見たければ見るといい。気絶しても当方は一切保証しないが。

警告はしたからな

うん、色々言ってビビらせはしたが割と地味だ。蓮コラっぽさは微妙にあるが、目立ったグロテスクさはない。まあ第一卵が目立ちまくったら捕食者に持っていかれちゃうからね。

いや、自分自身はYoutubeで色々と昆虫系の動画を見ていたので、突然のカメムシにもそこまで驚くことはなかったのだが、しかし、やはりカメムシの卵となると放ってもおけない。捨てた。ごめんよ。

それにしても、卵を産み付けられるとは。今までこんなことはなかったのだが。
ちょっと調べてみるとなんと兵庫の方ではカメムシ大量発生注意報がつい先日出されたばかりという衝撃の事実が明らかになった。

兵庫でカメムシが大量発生しているのだ、愛知で大量発生しない訳がない。兵庫県病害虫防除所によると、今年の暖冬でカメムシが大量に越冬し、また今年のスギ・ヒノキの花粉量からしてカメムシのエサとなるスギの実も沢山あるから、これからも数が増える可能性があるとのこと。

やはりスギなんて植えててもろくなことがない。花粉症を引き起こして我々の鼻を虐め、今度はカメムシを大量発生させてまた我々の鼻を虐めるのだから。農林水産省は鼻炎フェチの烙印を押されたくなければ即刻スギを全部切り倒せ!!

……まあ今はカメムシの話である。
洗濯物を干していると気づいたらくっついているカメムシだが、なんと白っぽい色、明るい色を好むらしい。カメムシは寒さに弱く、暖かい光を好み、その関係で白いものに付着したがるんだとか。そういえば自分が発見した卵も白い下着に付着していた。
ウチにやってきたのも洗濯物と日向ぼっこが好きな女の子だと考えればちょっと可愛らしいような気がしてくるがやっぱり害虫は害虫、結局喜ばしいものではない。こっちくんな!!

一応忌避剤は網戸とかに散布しているのだが、しかしそれでもやって来たということはもっと別の対策が必要ということなのだろう。
まあ、白い服を好むのならそれだけ部屋干しにするとか、忌避剤の量を増やしてベランダを埋め尽くすとか、アイデアはないわけではない。
もちろん、やって来たカメムシを残らず殲滅!! カメムシ殺すべし!! するのも手段としてはアリだろうが、それでは後からやってくる者は絶えないだろうことは容易に想像できる。カメムシによってはその悪臭で味方に危険を伝え逃がすものもいるらしいのだが、洗濯物が臭くなってしまったら元も子もない。

とにかく、今年はカメムシが大量に発生すると考えられる。蒸し暑くて洗濯物も増える季節、うっかり畳んだシャツをカメムシの命のゆりかごにしないために、警戒は欠かせないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました