Excelの資格を取って理系になろう!!

日常

TwitterのトレンドにSUM関数が上がっていた。いやビックリ仰天である。なんとテレビ局様的にはExcelで関数が使えるなら理系認定がいただけるらしいのだ。
自分はこれでもExcelの資格持ちである。やったね晴れて胸を張って理系男子を名乗れるね!!

理系法学部生になって気分がいいので、前述のExcelの資格について説明して行こうと思う。
資格といっても様々だ。就職に使えるものと使えないもの。勉強が必要なものと必要ないもの。公式が運営しているものと非公式のもの。
例えば英語の検定は英検、TOEIC、IELTS、TEAP等様々だが、現在ではTOEICが最も就職活動においてメジャーな基準である。その状況下で別のものに手をつけるのは無駄ではないが非効率という評価は否めない。例えば朗読検定や世界遺産検定なんかは履歴書には書けるだろうが、大抵の場合直接就活には活きないだろう。せいぜい面接時の話の種だ。どんな資格にも意味はあるが、それでも効率を追い求めると優劣が発生してしまう。

しかし、どんな企業に行くにしても絶対に生きる資格がある。
それこそがMOS。Excel開発元であるMicrosoft公認の資格なのである!! あ、Word版とPowerPoint版もあるよ。
これからの時代、パソコンスキルは必須である。……いや、今までもずっと必須なものだと思っていたのだが、SUM関数使えるだけで理系と囃し立てられるなら今までは必要なかったということなのだろう。しかしこれからは必要だ。
そんな時にMOS一つ持っていれば即戦力人材人生薔薇色就活楽々全ての障害は取り払われまるで白紙のスプレッドシートがごとく拓けた未来のビジョンが見えること請け合いなのだ!! 知らんけど。

そしてこの資格取るのも大分簡単である。
もちろん資格講座に通ってもいいのだが(実際自分は大学主催の講座で資格を取った)、しかし問題のCDか入った教科書なんかも売ってるので自学自習もしやすいのだ。
この自粛期間に……と言うにはちょっと遅刻気味だが、しかし学校に通いながら、仕事をしながらでも出来る資格勉強と言えるはずだ。

で、勉強して自信がついたら、特定の日付に指定されたテストセンターで行われるテストを受けに行こう。
テストといっても長くはかからない。Excelだけなら一時間で終わるだろう。他と合わせて取ってもすぐに終わる。合否もその場で知らされる。で、合格してたら後日賞状が届くというわけだ。

うん。
以上だ!!

振り返ってみても、いや、中々役に立つ資格である。取るのはそこまで苦じゃないし、一度身につけたスキルがあれば日常生活でも役に立つ。自分も必要ない場面でもちょくちょくExcelを使ってドヤるようになった。情報を制するものが世界を制すと言っても過言ではない今現在、持つべきだと断言できる資格だ。
この際だから貴方もMOSの資格を取り、理系になってみてはどうだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました