令和があまりにも醜いので平成を祭り上げる

日常

お前たちの令和って、醜くないか?

全く、令和になってからはロクなことがない。思い返せばスタート直後から酷かった。去年の5月に令和になって、すぐに酷暑が襲ってきた。
あの頃は確か、『令和ちゃんはまだ年号はじめたてだから温度調節が出来ないんだね、可愛いね♡』なんて扱いだった気がする。
だがそんな温度調節がどうこうなんて話では無かった。酷暑の後はとんでもない台風が襲ってきた。そしてコロナウイルスが猛威を奮い、更に集中豪雨ときた。
今令和ちゃんを擬人化したら間違いなくマッドサイエンティストである。『簡単には滅んでくれるなよ……人類?』とか言ってにやりと笑うやつである。怖すぎる。時代が時代ならさっさと改元してたぞ。
令和になってから良かったことを今挙げようとしても、キラメイジャーが面白いこととウルトラマンZが面白いことぐらいしか浮かばないぞ。ゼロワン? あれも確かに笑えるけどさ……

そう思えば、平成は本当にいい時代だった。弱冠19歳にしてもう懐古厨みたいな言動になってしまったが、少なくともコロナは平成にはなかったのだ。

という訳で、平成を祭り上げてご利益にすがろうと思う。

何を使って?
これを使ってだ。

そう、『平成板』である。

まあ知らない人が殆どだろうが、つまりは平成板とは平成なのだ。平成30年の具現化。平成そのものだ。これほど平成を祭り上げるのに最適な御神体もない。
『劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer』は史上最高のトンチキクソ映画なので皆、見よう!!

では早速組み立てていく。今回使用するのは仮面ライダーの立体フィギュアの食玩『装動』シリーズ、仮面ライダーバールクスクリアブルーverである。これに平成板がついているのだ。
つまりはプラモデルだろ? なんて気持ちで買ってきて、折角だからと100均で新品のニッパーも用意したのだが。

なんと大体完成品で出てきた。まあ親切。
しかもクリアブルーverなのでシールを貼る必要も殆どない。手の差分だけニッパーで分離して、パチパチ嵌め込めばすぐ完成だ。

という訳でちょっと遊んでみよう。

 

「お前たちのせいで平成ライダーの歴史はメチャクチャだぁ!!」

 

「折角美しく纏めてやろうとしたのにぃ!!」

 

「勝手に纏めるなよ!!」
※弟から借りてきたクローズビルド君友情出演

「俺もゲイツも、平成ライダーの皆も!! 瞬間瞬間、必死に生きてるんだ!! 皆バラバラで当たり前だ、それを無茶苦茶って言うな!! 平成ライダーキック!!」
「うわあああっ!!」

平成

「馬鹿な……」

はい。
これが平成板です。実に平成でしょう? そう、平成なんですよ。
……まあ、普段からシールを貼り慣れていないので、微妙にズレてしまったが。欲を言えばシール二分割とかして貼りやすくして欲しかったかな……

しかしこの平成板、本当に平成なのだ。これだけでディスプレイできる。非常に霊験あらたかな板なのである。
というわけで、自分はこれからこの平成板を神棚に飾って拝んで、平成のご利益に預かろうと思う。是非皆さんも、平成をご自宅に置いてみてはどうだろうか。

今年は平成32年です。わかりましたね?

コメント

タイトルとURLをコピーしました