コメダのまっしろノワールが甘くてズルくて罪深い

レビュー

この頃ずっとずーっと引きこもっていたからわからなかったが。
どうやら外は普通に夏になっていたらしい。

長く降り続いた雨もようやく晴れて、所用で外出して10分後。自分の体はもう汗でぐしょ濡れになっていた。いやクソ暑いな。
そうなるとどこかしらで涼みたくなってくる。もう自粛ムードもほんのり晴れて、飲食店に入るのも抵抗が無くなってきた頃合いだ、もう食品レビューをしても誰も怒るまい。

と、自分に言い訳をしながらやって参りましたコメダ珈琲店。なんと丁度本日から季節限定のシロノワールの新作、『まっしろノワール』が発売中。
早速ミニサイズ(¥550)を注文。

なるほど真っ白である。粉糖の雪を降らせたデニッシュの上に鎮座するソフトクリーム、更にその上に練乳を垂らした様はどこか雪山然として目にも涼しい。早速スプーンで登山と行こうじゃないか。
ソフトクリームの天辺を掬い上げて、まず一口。

うん、美味しい。ソフトクリームの冷たさを練乳がほんのり和らげ、甘味を増幅しているようにすら思える。これだけでももう十分強い。
だがシロノワールの本領はデニッシュとの組み合わせだ。フォークで持ち上げたデニッシュにスプーンで練乳のかかったソフトクリームを塗りつける。……この食べ方正しいのかな……
だが綺麗な食べ方がなんてのはどうでもいい。今目の前にあるシロノワールに比べれば。さあ、デニッシュを頬張ろうじゃあないか。
という訳で一口。

──ああ、これズルいわ──

デニッシュの間に、蜂蜜が挟んであった。ソフトクリーム、練乳、デニッシュ、蜂蜜。
これズルいよ。蜂蜜とソフトクリームって時点で美味しいに決まってるのにさらに練乳とデニッシュだよ? こんなん犯罪だって。

ソフトクリーム。デニッシュ。各々でも美味しいし合わせても旨い。特に蜂蜜が罪深い。蜜です。それ自体では強すぎず、しかしデニッシュやソフトクリームとは引き立てあう塩梅が凄まじく罪深い。
さらに添えてあるさくらんぼもソフトクリームに浸かって程よく甘く、さらに酸味も活きていてさっぱり楽しめる。無敵かよ。序盤中盤終盤隙がないな。

というわけで完食である。美味しすぎて正直ミニサイズだと物足りなかった。いや、通常サイズ(¥750)は一人で頼むのには少々勇気が要るのだが。

とにかく、素晴らしい出来だった。どれだけ素晴らしいかというと、本来涼みながら当ブログの企画であるビジュアルノベルのシナリオを書こうと思ってコメダに入ったはずが、こうしてまっしろノワールを誉めちぎる記事を書いているレベルである。
締め切り近いのに……

まっしろノワールは本日、7/15日から発売開始、8月下旬まで食べられます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました