Clusterで行くポケモンバーチャルフェスト(8/12 12:00)

レビュー

ポケモンバーチャルフェストとは!! 本日、8月12日から8月31日までの間、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNS『Cluster』にて開催されるポケモンの大規模バーチャルイベントである!!

言うなればバーチャルなポケパークだ。我々はこのポケモンバーチャルフェストにて、パークを散策し、ミッションに挑むことができる。
そんなポケモンバーチャルフェストが、本日の11時半頃からオープンした。自分もそれに気づいて慌てて飛び込んできたので、その感想をここに記していこうと思う。

みんなで作るテーマパーク

まず、ポケモンバーチャルフェストに入場すると、エントランスに通される。ここから、チュートリアルステージやパーク、ミッションに移動することが可能だ。はじめての人でも、チュートリアルを見れば一通り操作は理解できるだろう。

というわけで早速パークに入ってみる。

なるほどいかにも遊園地然とした空間である。真ん中堂々立つピカチュウはまるでデ●ズニーランドのシ●デレラ城。こういうのを見ると、ああ、テーマパークだなあと思わされる。
……とはいえ、だ。

現在、このパーク、殆ど工事中なのである。
入れる施設はインフォメーションのみ、動いているアトラクションは大観覧車のみ。
ほぼ工事中!!

なるほど、これはみんなで作るテーマパークである。
皆がミッションをクリアしていくことで、徐々にエリアが解放されるのだ。

パーク拡大目指してミッションに挑戦!!

現在、ポケモンバーチャルフェストにて解放されているミッションは一つ。巨大な迷路を駆けずり回ってキーワードを探し、そこから答えを導き出すというものだ。
迷路の向こうには巨大なキーボードがあり、そこに正解を打ち込むことで次のステージが解放される。そうしてミッションを進めるごとに、テーマパークの発展が進むというわけだ。

やること自体は単純なのだが、とにかく、巨大迷路を走り回るという手間が辛いところだ。あるいはそれがリアル謎解きゲームの面白さなのかもしれないが。
そして迷う。迷路が難しいのではない。壁がどこも同じようなものなので自分がどこにいるのか見失うのだ。……これ迷路が難しいってことなのかな……とにかく迷う。
また、キーボードの操作性もあまりよろしくない。文字をジャンプして踏みつけることで入力するのだが、上手く反応しなかったり、意図しない文字が混入したりする。また、一定時間放置されているとリセットがかかるのも難しいところ。根気よく、丁寧に、しかし急いで。中々厳しい要求である。

ポケモンバーチャルフェストの注意点

何より、酔う。
めっちゃ酔う。特にミッション。頭が痛くなる。
集中して迷路をぐるぐるしていると本当に胃が辛くなってくる。あげくの果てに自分は軽く吐き気を覚えてきたので、仕方なくミッションから退散した。
健康管理には気を付けよう!!

他には、観覧車も少し不便だった。現実の観覧車のように椅子があったりするわけではなく、実際には動く台座に乗っている、といった感じ。観覧車の上から落ちるといったことにはならないが、ゴンドラの壁にめり込んだりはする。綺麗な写真を撮るのは難しいかもしれない。

まとめ

まだポケモンバーチャルフェストは始まったばかりである。今、ここを評価するのは早計に過ぎるというものだろう。このテーマパークは、8月の間進化を続けているのだから。これからも、定期的にここの取材を続けていこうと思っている。

様々なバーチャル空間を楽しめるClusterは良いアプリである。楽しいので、自分がこのブログで書いている『VRで行く博物館』シリーズのように『Clusterで行く』シリーズも作ってしまおうか、なんて思っていたりする。シリーズが多すぎるのも考えものなのだが……
……こうご期待!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました