Clusterで行くDINOTECH LAB

レビュー

夏休みだ。夏休みである。
ずっと家にいる大学生にはいっさい自覚症状がないが。夏休みだ。
小中学生の皆は、やっぱり自由研究とかやるんだろうか。

懐かしいなぁ自由研究。自分も小学生の頃は、毎年色んな博物館とか連れてってもらってたっけなぁ。
また行きたいなぁ、福井県の恐竜博物館。やっぱあそこが恐竜系だと一番だ……
とまあ、そう簡単にはいかないのが現実でありまして。このコロナ禍では、遠出も憚られるというものであります。

そんなことを考えていた時である。
バーチャルSNS『Cluster』にて、恐竜博物館がオープンしているという事実を発掘したのは!!

というわけで。昨日のポケモンバーチャルフェストの特集から引き続き、しれっと始まりました『Clusterで行くワールド探訪記』シリーズ。第二回は、DINOTECH LAB!!

バーチャルSNS cluster(クラスター)
「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

恐竜博物館もバーチャルの時代

DINOTECH LABは、古生物研究学会の若手達の手によってCluster内に期間限定で開かれた恐竜博物館である。展示数は多くはないが、超至近距離から恐竜の全身骨格が眺められるぞ。頑張れば上に乗れたりもする。

また、博物館内には実際にシンポジウムでも使用されたポスターが置いてあったり、それぞれの化石にもQRコードで説明が置いてあったりとサポートも丁寧。
二階には写真撮影スペースもあるぞ!!

DINOTECH LABの注意点

何よりも、期間限定オープンである。このDINOTECH LAB、8/16日、日曜日までしか開いていない!! くそう、もっと早く気づけば良かったッ!! 権利関係とか色々あるんだろうけど、なんとか恒常オープンにはならないもんなんですか!! ついでにアプデとか定期的にしてさっ!!
まあ無理なものは仕方ない。ポスターの展示とかも、あれつまり論文の期間を定めての借用みたいなものなのだろう。仕方ない。

技術的な問題点を挙げるなら、入り口が分かりにくいところだろうか。いや、ブラキオサウルスの股の下通れば一発なのだが、他の部分からは入れたり入れなかったり、出られたり出られなかったりするのである。ここはちょっと不便。

まとめ

小さいが親切設計、というのが感想か。バーチャルとはいえ実際に歩き回り、より多くの角度から標本を観察できるのは良いところだろう。

……とはいえ、正直に言うのならば、『バーチャルの悪い面が強く出てきている』というのが本音だろう。
バーチャルな博物館となると、どうしても自分はmatterportにて開かれたVR国立科学博物館や三笠市立博物館を比較対照にしてしまう。

国立科学博物館VRが凄い!!
外出自粛が続きに続き、世の中の動物園とか、水族館とか、博物館とか、美術館とか。そういったものは、どこもかしこも閉まってしまった。まあ、仕方ない。仕方ないとはいえ、やっぱ辛ぇわ。行き場のない知識欲が頭の中をぐるぐるしている。一昨日は美術館...
VRで行く三笠市立博物館
先日、国立科学博物館がVRで全館公開したということを聞き、早速訪れて記事にした。もう貴方は入館しただろうか。自分はあれがとても楽しかったので、他にもやっているところが無いだろうかと調べてみた。いや、わかっている。まさか全館無料公開な...

これらは、実際の写真を繋ぎ合わせ、複数の視点から本物の化石の写真を観察する、という趣向になっている。本物の博物館をそのままVRに持ち込んでいるので当然標本数も圧倒的だし、手間も3Dモデルを作るより少ない。
これと、今回のDINOTECH LABを比較してしまうと、どうしても物足りなさを感じてしまう。3Dモデルの骨格標本には本物の骨のような質感はないし、なんなら二階の鳥類化石なんかはもろ写真である。リアリティという点で、バーチャルは写真に敵わない。
しかし、Cluster内においてmatterportと同じような物を作ろうとするのも現状難しいだろう。手間がかかりすぎる上に、その手間に見合った効果が得られるとも思えない。

そう考えると、Clusterのようなバーチャル空間でしかできない展示方法を追求する方がより建設的だろう。
例えば、骨格標本を動かしてみたらどうだろう。リアルな恐竜を再現して動かすというのは現実でもたまに見るが、骨だけで動かすのはバーチャルでしか不可能だ。
あるいは、来館者がタッチする度に骨格標本と復元予想図が切り替わるタイプの展示なども面白そうだ。
実際に干渉できる、好きなように動かせる、それがバーチャルの強みである。特にmatterportなどは動きという面にめっぽう弱いので、差別化ポイントになるだろう。

……少し熱くなってしまった。
再びコロナの脅威に視線が注がれつつある現在、博物館のバーチャル化は現実的な問題になりつつあると自分は考える。matterportだって、最近はまた増えてきたように感じてきた。
そんな中、今回Clusterに博物館が手を伸ばした。これは大きな一歩だ。これを切欠に、より多くのジャンルがバーチャルに進出してくることを切に願う。

追記 8/15

DINOTECH LABの公開は8/16まででしたが、好評につき8/23まで延長になったそうです!! この機会を逃すな!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました