アソビストアエキスポ突撃してきた

レビュー

10月16日から18日にかけて、アソビストアエキスポがVRにて開催された。
まあ18日までの限定オープンなのでもう閉まってしまったのだが。自分も現在開発中の新プラットフォーム(と思われる)にて開かれたステージに突撃してきたので、今更ながらレビューを書き記していく。

初期設定がめんどくさい

まあめんどくさい。
そりゃまだ作りかけですし、色々あるんだろうけど。
バンダイナムコのアカウントを作る→アソビストアエキスポインストーラーをインストール→パソコンの制限を外す→アソビストアエキスポをインストール
この一連の流れに30分はかかった気がする。こと最後の段階は本当に長かった。

いやしかし当然と言えば当然。だってアソビストアエキスポをインストールするって空間丸ごとインストールしてるに等しいし。
……なんでそこまでするのだろうか……Clusterみたいに入りたい時だけサッと入る、みたいにはいかないのだろうか?

できないのかもしれない。何しろバンダイナムコという大企業主導なのだから、描画とかめっちゃ手間がかかっていてそれ故ドチャクソ重くなっているのかもしれない。
そう思えば、このVRという世界において、作り手の拘りと読み手の触れやすさは反対側に対置されている存在なのである。中々難しい。

さて、そんなこんなでインストールが終了。
『ASIMO』と『wakamaru』(wakamaruのこと覚えている人いるのかな……)の合の子みたいなアバターが三種類いるので、そのうち一体を選択していよいよアソビストアエキスポに入場である。

ちなみにこのアバター、やたらと操作方法が複雑だ。十字キーやらキーボードを色々使わされる。まあパソコンで操作するやつなんて大概こんなもんなのかもしれないが。

エキスポ会場を一回り

アソビストアエキスポは5つのエリアで構成されている。中央ステージと、4つの販売エリアだ。それぞれアイマスシリーズ、テイルズシリーズ、パックマン、そして電音部について通販を行っている。

このようにそれぞれのエリアには商品のモデルが設置してあり、クリックすることで

商品購入ページが開けるという寸法だ。

 

そして中央ステージでは、常時何かしらの特別番組が中継されている。
アソビストアエキスポは三日間限定開催ということもあり、随分とイベントを詰め込んだらしい。観客は集まって、時たま拍手のようなアクションを送ったりしながら番組を見ることが可能である。
パソコンモニター越しにまたモニターを見るというのも新鮮だ。

……以上である。

以上である。
アソビストアエキスポ、以上。
中央ステージと4つの販売エリアを回ってしまえば、それで全てである。

正直、ちょっと寂しい。
まあこれはあくまでエキスポであって遊園地ではないのだから、アトラクションのような何かを期待するのもお門違いなのだが。しかしこう、頑張ってインストールした割には……と思ってしまう。せめてもうちょっとそれぞれの販売スペースを充実させて欲しかったな、と。あるいは展示スペースとか欲しかったな、とか。

まとめ

うーん……

物足りない。
空間自体は綺麗で、雰囲気もサイバーな感じで面白いのだが。だからこそ、もっと欲しいとどうしても思ってしまう。そんな感じである。

しかしアソビストアエキスポはまだ開発途中であるらしい。もしかしたら完成版がアップロードされる頃にはもっと色々充実しているのかもしれない。……これの完成版ってなんだ。通販サイトか?

何にせよ、これからの発展に期待である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました