BenQの24インチFHDディスプレイGL2480を買った!(MaxのPC環境一新2020)

BenQ_GL2480_画面表示レビュー

PCを長く使っているものなら一度は憧れるデュアルディスプレイ。

自分も最近、通話しながら作業することが増えてきて、作業領域としてもう一つディスプレイが欲しかったので、

今回、BenQの24インチFHDディスプレイ GL2480(BenQ公式サイト) を購入しました。

(価格1万2000円~1万5000円で購入したと思います)

 

スポンサーリンク

購入した理由

デュアルディスプレイにしたかった理由

前述した理由をもう少し詳しく言うと、

大学進学し、自分の部屋を移動し、PCも移動して、作業や通話をしていたところ(特に最近は通話することが増えた)、作業領域としてメインディスプレイを、通話・通知・動画の領域としてサブディスプレイを利用したいと考えるようになりました。

またデュアルディスプレイは憧れで、今までで友人達がみんなデュアルディスプレイを勧めてきていたので、この度、購入しようと考えました。

商品に対する条件

今までメインで使っていたモニターは24インチのゲーミングモニター GL2460BH(BenQ公式サイト) / GL2060(BenQニュース)で、特に不満を感じていません。また自分は絵は描かず、あまり動画を作るわけではないので、色再現度とかも気にしていないという感じです。

そこで、これとほとんど同じ物が良いと思って、商品に求める条件はこのようにまとめました。

24インチ: ディスプレイの大きさが揃っていないのは良くないので。23.8インチの方がいっぱいあるとは思った。

VESA対応: モニターアームを使うことになり得るため。

なるべく安く(少なくとも2万円以下): 安い方が端的に嬉しい。

なんとなく揃えてBenQ: 同じ感じで使えれば良く、色とかもBenQで揃えておけば良いだろうと思ったため。

 

以上の条件で価格.comで条件を入れたところ、

ちょうど安いところにGL2480(BenQ公式サイト)というGL2460の進化っぽいBenQ製のディスプレイがあったのでこれにしました。

レビュー

このようなダンボールで届きました。そういえば液晶は引っ越しとかで動かすときにこのダンボールを使うのでこういうダンボールは自分、残してるんですよね。

BenQ_GL2480_ダンボール


設置して適当な画像を表示してみました。自分は暖色で見てるので色などはあんまり参考にならないと思います。店頭で見ましょう。

BenQ_GL2480_画面表示


BenQ製のGL2460(参考: GL2460BH)を持っているのでこれと比較してこの製品の特性を述べたいと思います。

GL2480

GL2460との違い

  • 表面処理としてつや消しされていて、蛍光灯などが気にしづらくなった。

BenQ_GL2480_縁比較


  • 台の裏配線が入るスペースがあり、配線が表から見えなくなる!(右下)


  • 下の台がキーボードを起きやすい形になり、スペースを有効に使えるようになった!

BenQ_GL2480_台

BenQ_GL2480_台_キーボード


  • 輝度センサーが付き、自動で最適な輝度へ調節してくれるようになった。

BenQ_GL2480_輝度センサー部分

BenQ_GL2480_輝度変化


  • ボタンの位置が右から下へ移動した。(画像省略)

 

仕様書をみてしっかり違いを見たわけではないですが、とりあえずこんな違いがあると思います。

画面の色や操作画面はほとんど変わらないように思います。正当進化という感じに思います。

まとめ

今回、GL2480を導入することでデュアルディスプレイ化に成功して、とても満足しています。

(ちなみにマウスパッドの下のプラスチックは粘着を防ぐために貼っています)

Max_Desktop_2020-04-27

値段を抑えつつ、失敗しない選択肢としてこのGL2480を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました