100均の商品で壁を傷付けずにフックを付ける方法

日常

一人暮らし、賃貸、収納場所はないくせに壁は傷付けてはいけないという鬼畜使用。

みなさん、お困りですよね。

そんな人にピッタリの壁を傷付けずにフックを付けれる商品をご紹介します!

困ったらDAISOへ

個人的に困ったことがあるとDAISOに行くことが多いです。

独特な商品を置いていることが多い気がします。

そして、クオリティが高いことが多い。

やっぱりあった。

実際に使ってみる

この特殊な接着剤を

この渦みたいな模様に沿って塗ればいいらしい。

塗った後は、貼りたい場所に貼って、30秒間密着させて貼り付け後は24時間待たなければいけないとのこと。

待つのだるい!!!けど、しょうがないか。

実は結構重いものもかけれる

これ、耐荷重500gもあるんです。結構耐えますよね。

500g耐えれるってどれくらいかというと、小さめのフライパンとかだったら全然かけれると思います。

もちろん、他の木べらとかゴムベラとかお玉とかをかけるのに使ってキッチン周りを整理するもよし、ポスターやカレンダーなんかをかけて、おしゃれにしちゃうのもよし。

使える幅が結構広いですよね。

貼れる壁と貼れない壁

実は、取り可能な面と取り付け不可能な面があります。

これを確認してから購入してくださいね。

取り付け可能な面
ビニール製の壁紙、ステンレス、タイル、ガラス面
取り付け不可能な面
ビニル製以外の壁紙、模様のあるステンレス・タイル、レンジ・ストーブなどで高温になる場所、コンクリート壁、漆喰壁、布、繊維、ブロック、レンガやその他凹凸の激しい面やザラザラした面、屋外

ちなみに、私はペンキが塗られた木材の上に貼り、一度実験のために剥がしてみましたが、きれいに剥がれました。(写真撮るの忘れました…すいません!)

多分、凹凸があるような壁でなければ結構大丈夫だと使った感じでは思いました。

ですが、これはメーカーが推奨している使い方ではないので自己責任でお願いします。

まとめ

結構いい商品に出会えた気がします。

安くて使いやすいし、フックもひと箱に4つもついてて、これからの収納の幅が広がりそうです。

また、いい商品があれば共有しますね。

では、また。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました