Blender&AviUtl 久しぶりに使ってみた

専門
スポンサードリンク

学校でこのブログのメンバーとチョークを粉から再生する研究を行っていたのですが、そのポスターセッションが行われました。
しかし、「ポスターだけではどのようにチョークを作ったのか分かりづらい。」と感じたので、学校のSurfaceを借りて補足説明をパワーポイントですることになりました。そこで、「せっかくなら製作方法を3DCGアニメーションで作ろう。」と、発表3日前からBlenderで作り始めました。また、今回はLenovo X260 を使いました。

まずはチョークを乳鉢と乳棒ですり潰すところ。立方体とUV球だけで作りました。(適当)

Blender 3DCGアニメーション 乳棒と乳鉢

次にチョーク作成方法その1。木枠で取り外せるように作りました。(実際のところ、木目に粉が入り込んで失敗。)

Blender 3DCGアニメーション チョーク再生方法①

そこで改良したのがこちら。チョーク作成方法その2。(「改良?」「改良したんです!」)

Blender 3DCGアニメーション チョーク再生方法②

最後に、AviUtlで全部結合したものです。

Blender 3DCG & AviUtl チョーク再生方法まとめ

結果は大盛況でした。いや、研究内容がですよ。

(一応の確認です。88IOのOは「数字の10」ではありません。「アルファベットのIO」です。)

投稿者:88IO

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました