高校最期の文化祭でプロジェクションマッピング

イベント
スポンサードリンク

もう高校3年生ということで、最後に何かやってやろうと思い、文化祭(9/9)でプロジェクションマッピングを上映しました。(その動画作成のため、ブログ更新ができませんでした…) Dureyが発案?です。(「ロキ? 知らん。」) 他に2人のメンバーを加え、8月上旬から案を出し合い始めました。ちなみに、4人とも同じ部活のメンバーで班は違うんですけど、有志として集まりました。

メンバー

 

Durey
Durey

発案者

88IO
88IO

3DCG

Roku
Roku

楽曲選択・構想

Max
Max

サポート

※2019年4月からプロジェクションマッピングのメンバー2人もブログに加入したのでユーザー名で表記し直しました。(J -> Max, Y -> Roku)

本番までの道のり

あぁ、つっ、疲れた…

というのも、動画作成にあたって

  1. 使用曲の決定
  2. ストーリー(何を映すか)の決定 -> 仕事の割り振り
  3. AviUtl等を用い、各自素材動画の作成
  4. MaxだけがゲーミングPCを持っていたので、最後にまとめてエンコード

って感じだったんです。

しかし、これが悪夢の始まりでした…(ホラー風に)

8月上旬

  • 曲が決定!(MiliのFriction) -> ひとり(160秒 / 4人 =)40秒を担当
担当者88IODureyRokuMax
担当時間40秒40秒40秒40秒160秒
進捗0秒0秒0秒0秒0秒

8月下旬

  • Rokuによるストーリー案の完成

9月上旬

  • 3DCGを多用するため、自分の担当時間が増える。(僕しかBlenderが使えなかったため) 40 -> 60秒
  • Rokuがクオリティにすべてをかけるかのような時間短縮  40 -> 20秒
  • Dureyの作ったエフェクト集がほぼボツに…  40->15秒
  • MaxがMMDで作ると言ったきり、進捗状況をブラックボックス化
  • そしてRokuもブラックボックス化
  • RokuのノートPCが金切り声をあげ、危篤状態に(Dureyが予備PCを貸出し、解決)
担当者88IODureyRokuMax
担当時間40秒 ->60秒40秒40秒 ->20秒40秒160秒
進捗40秒40秒 ->15秒55秒

本番3日前

  • 作業が予定より遅れている -> 僕が各動画のつなぎ合わせを担当
  • 遮光カーテンを2重にしていたため、戸締まりの先生に存在を忘れられかける

本番2日前

  • 僕は45/60秒を完成。
  • Max, Rokuは未だにブラックボックス
  • あれっ、 60(88IO) + 15(Durey) + 40(Max予想) + 20(Roku予想) = 135… 25秒足りない!?
  • 僕がDureyとMaxのつなぎ部分(5秒)を担当  60 -> 65秒
  • え、エンドロール(20秒)ができてない…
  • 僕が壊れる

そのときのDiscord

担当者88IODureyRokuMax
担当時間60秒 ->65秒40秒 ->35秒20秒40秒160秒
進捗60秒15秒75秒

本番1日前 午前9時〜

  • 全員学校に集合して作業開始!
  • 教室前の装飾を部活の1年生に丸投げ
  • あれっ、プロジェクターまでHDMIが届かん!(「1年生ども!自転車で30分のPC専門店まで行って、買ってこい!」)
  • あれっ、Maxがまだ30秒しかできてない
  • あれっ、Dureyの作ったエンドロールが思ってた以上にダサい
  • あれっ、仕事のなくなった1年生が棒立ちでコッチを見てる…

…..

  • Rokuの担当範囲完成!
  • Maxは未完成 -> 少なくとも、僕とMaxは徹夜決定。Maxのアダ名が「見えている地雷」になりかかる。
担当者88IODureyRokuMax
担当時間65秒 ->85秒35秒 ->15秒20秒40秒160秒
進捗65秒15秒20秒30秒130秒

本番当日 深夜

  • 88IO、初めてMonsterを飲み、覚醒する -> エンドロール完成
  • 朝の5時、ペットの鳥が鳴き始めた頃、Maxが各動画の修正に取り掛かる
担当者88IODureyRokuMax
担当時間85秒15秒20秒40秒160秒
進捗85秒15秒20秒40秒160秒

本番当日 朝

07:00Maxが完成動画のエンコード
08:00MaxがデスクトップPCを学校に持ち込み
08:50一般生徒への公開時刻だったが、セッティングのため延期
09:00MaxのPCでマッピング用に使う予定のソフトの機能がうまく動かないことが発覚。
ついでにJが当日までそのソフトを試していなかったことも発覚。
僕に対策を投げられる
10:00一般公開開始。20分おきの上映予定だったが20分延期
10:2010:40から上映に決定。しかし、まだ調整できてない。来場客が教室内に雪崩れ込んでくる。他の3人は僕を見てる。ああ、胃が痛い…
10:35ギリギリ一応動く形に。空いた時間に微調整を加えることに。
10:40Dureyによる経緯等のオープニングから開始!(話はうまいが大きな誇張は胃に響く…)
10:45第1回の上映終了。仲間がいる中、母親が写真、父親が謎の握手を求めてきてSAN値が限界になり、燃え尽きた

その後の上映はある程度うまく行き、皆満足できた(と思う)。(いくつかおかしい部分があったため。)


あぁ、疲れた!(その後の打ち上げのカラオケ後に客引きのおじさんにキャバクラに誘われたのは別の話。)

と、いう感じでやりきりました。これが青春ってやつなんですかね。あとはもう受験勉強です。このブログのタイトルどうりに息抜きも兼ねて記事は書くつもりですが、比較的専門的な内容は少なくなります。

使用機材等

一応、今回使った機材、ソフト等を記載しておきます。

機材

  • プロジェクター(EPSON)x3
  • デスクトップPC <- 映像の3台出力ができる物
  • HDMIケーブル(5m x2, 1m x1)<- 左右のプロジェクター用
  • 変換名人(DVI<->HDMI)<- 映像出力がDVIだったがプロジェクターにDVIがなかったため

ソフトウェア

  • AviUtl(動画編集)
  • Blender(3DCG)
  • MikuMikuDance(3DCG)
  • TouchDesigner99(マッピング用途) <- 標準のKantanMapper2を使用。おすすめはしない

必須

  • 熱い魂

動画素材(一部)

(動画をすべて載せると余裕でバレるのですみません。もしかしたらYoutubeにでもあがってるかもしれない。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました