【祝TrymenT発売】2020年ビジュアルノベル

レビュー

本日『TrymenT ―今を変えたいと願うあなたへ― AlphA編』が発売されました。

『TrymenT ―今を変えたいと願うあなたへ―』オープニングムービー

ビジュアルノベルというコンテンツに対する新しい取り組みが垣間見える作品でもあり、以前から気になっていました。(詳しくは活動方針を読んでみてください)

なので、勝手に宣伝します。

対象とする作品は『TrymenT ―今を変えたいと願うあなたへ―』と『マルコと銀河竜 ~MARCO & THE GALAXY DRAGON~』です。

全年齢向け作品

この作品は今までのユーザー層にのみ焦点を当てたものではありません。

これに合わせてか、前作からキャラクタービジュアルが大きく変更されました。

ある意味で『美少女ゲーム』というジャンルとの一線を画したとも言えます。所謂キャラゲーではなく、シナリオゲーを目指した形だと感じました。UIに関してもテキストボックスやセーブボタン等を隠してビジュアルを最大限に活かした作りになっています。

また、今月はこれと対をなす作品が発売されます。『マルコと銀河竜 ~MARCO & THE GALAXY DRAGON~』です。

公式サイトより

こちらは同じく全年齢向け作品でありながら、キャラクターを全面に押し出した形の作品です。大量のCG, アニメーションはもちろん、美少女ゲームにカートュ―ン調のビジュアルを加えるといった冒険も行っています。FLCLっぽくて気になっています。

新たな表現の開拓に挑んだ『TrymenT』、
新たなジャンルを開拓しにいった『マルコと銀河竜』、

両者ともどのような結果になるのか楽しみです。

販売方法

『マルコと銀河竜』は今までの作品と同様、パッケージ版とダウンロード版を用意し、初回限定版や初回/予約特典での商法を行っています。価格帯は一般にフルプライスと呼ばれているものです。販売は店頭を初め、多くのオンラインショップで取り扱われます。

一方、『TrymenT』はダウンロードでの販売に限られています。主になるのは公式BOOTHでの取り扱いです。海外向けにSteamでの販売されます。加えて、AlphA編, OmegA編の分割作品となっており、OmegA編の発売時期は未定になっています。Steamにビジュアルノベルが並ぶのは面白いですね。これも全年齢対象で海外のレーティングに引っかからないからこそです。(海外では下ネタでもアウトだったり。最近は外部パッチで対策することが多いらしい。)

ダウンロード版での販売は、発売ギリギリまで作業を行える, 価格を抑えられるといったメリットはありますが、圧倒的に広報面が弱くなります。店頭や各販売サイトでの宣伝がないので、新規の方に知ってもらう機会が少なくなります。

Twitter等での情報更新も最低限であったため、他のゲームと比較すると盛り上がりに欠けてしまったのだけ残念です。

あと、『TrymenT ―今を変えたいと願うあなたへ―』を応援する者の一人としてこれだけは言いたいです。

日本の方は公式Boothで購入してください
ただしSteam テメーはダメだ。Steamでも販売されるけれど、こちらはSteam側に3割持ってかれるんです。その点、BOOTHであれば殆どそのまま入る。配信者に推しがいる人は分かるでしょう?YouTubeに一部取られるくらいならギフト券で送りたいって思うでしょう?少しでも公式BOOTHでの購入に切り替えてくれれば、それだけOmegA編の制作資金に回せてより良い作品になると思うんです。…

TrymenT公式BOOTH

前作からの期待

昨晩、TrymenTの前身であるRaskの処女作『Re:LieF ~親愛なるあなたへ~』を読み終わりました。

Re:LieF~親愛なるあなたへ~ OPムービー

以前は美少女ゲーム/ビジュアルノベルというジャンルに少なからず偏見を持っていましたが、今作と舞台が同じということもあり購入してみました。(偏見はDDLCで克服済)

2016年のシナリオ賞を受賞した作品です。

ちなみに、先程比較した『マルコと銀河竜』開発元の過去作には大賞受賞歴のある『のらとと』(略称)があります。(高校時代に後輩のPCに入っていた記憶があります。)

今作はこれと同じ人物も登場しますが、TrymenTが「続編ではない」と公言しているのでプレイ必須ではありません。

感想としては、「シナリオがやばい、グラフィックがやばい、音楽がやばい」

現時点で『TrymenT』への期待値はカンストしています。

 


現在、大学が春季休暇期間に入っているので時間を見つけてプレイしていきます。

でも、正直パッケージ版が気になります。

コミケでサントラが出るなら友人についていく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました