数学的帰納法

日常

目覚めるとそこは無人島だった。

看板がある。

運営『ここへ来た人は何でも1つ持ち込むことができます』

昔からよくある『無人島に1つだけ持っていくなら』問題だ。

よくある答えとしては食料だったり水だったり。

「友人のAをお願いします」

後日、本当にAが来た。

A「生き別れの兄を」

A兄「長年逢えていない母を」

 

・・・

・・・

・・・

 

数年後、全人口が本島に集中。国家は解体し統合され6大陸は無人島と化した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました