Roku

キャンサー杯初日感想と編成

Roku

キャンサー杯始まりました。初日はみなさんどうでしたか?

今回の自分のチーム編成について、初日までの感想と一緒にお話ししたいと思います。

編成

初日時点での編成は逃げメジロマックイーン(黒)、逃げサクラバクシンオー、差しオグリキャップです。

コンセプトとしては中盤追い上げて先頭を狙う逃げ2枚で相手の逃げに対抗しつつ価値を狙いながら、逃げが不発でも差しガチャでオグリで勝ちを拾える可能性にかける感じです。

メジロマックイーン

評価点8183 作戦 逃げ

勝率5割

パワースピードのバランスもよいかんじになったかと思います。パワー強めですので上り坂でもしっかり前に出てくれます。緑速度スキルがあれば完ぺきだったのですがね。マイルコーナー、固有で中盤から前に前に進んでアングリングスキーミングで飛び出させる仕様です。実際逃げマックイーンは強かった。ただ育成が沼なので変体向けです。

サクラバクシンオー

評価点 8169 作戦 逃げ

勝率 2割5分

スピード、賢さを盛ったバクシンオー。終盤性能はめちゃめちゃ高いが中盤に弱いのが少し惜しい。いい感じに先頭さえ取れれば、後ろからマックイーンが詰めてきたときに固有発動、固有の速度のままウンス継承発動と、かっとんでくれます。正直スピード積みすぎるよりはパワーと中盤性能が逃げには必要な感じはしますね。

オグリキャップ

評価点 8169 作戦 差し

勝率 2割

前が詰まらなければ、ルムマでも勝ち星を挙げてくれる。正直固有上がりすぎでもう少しスピードに振ってもよかった感じはしますが、勝てるのでよし。ラウンド2以降で詰まる印象があれば中盤を強化して育成してみる予定。

編成までの経緯と実践の感想

数週間前

今回、2、3週間前までは逃げのセイウンスカイが強すぎるからスマートファルコンで蓋をしよう。というのがメタだ!というのがよく言われていました。しかし自分は両方とも持っていないので、バクシンオーかダイワスカーレットで蓋をしようとしました。しかし、地固めなど序盤をしっかりしないとダイワスカーレットの強みが出ないこともあり、みんな地固めで結局運ゲーとなっていたので、序盤の先頭に重きを置きすぎないことにしました。

このころの編成は逃げ蓋要因にサクラバクシンオー、差しオグリでした。3頭目に、はじめはゴールドシップを育てたのですが、ルームマッチはみんな逃げか差しで、差しの分厚い壁を抜ききって逃げを差し切るのが安定せず、マイルというスパート距離の短さからくる追い込み不利から断念し、差し2枚も検討しました。が、差し自体、豪客ガチャと揶揄されるほど勝率が安定しないので、蓋要因で勝ちを狙いにくいバクシンオーでは勝ち星が挙げにくいだろうと、完全な蓋を作らずに自分も逃げで勝負するのを模索し始めました。

直近1週間

がちファルコン、中盤型先行エルコンや迫るタイシンの影、差しグラスへとメタが移動したため、余計に逃げで勝負に出やすいだろう、そして何より自分が最終コーナーで先頭をとり、中盤で距離を稼げば問題なく勝てるだろうという感覚になってきたので、逃げ2枚編成で行くことにしました。先行はエル以外は加速がないので強くないし、しかしまだ逃げウマは一定数いるので先行で2着をとる安定感はないと、選定しませんでした。エル選定は自動的に逃げ編成できなくなりますし、先行エル+後ろの脚質2枚となると、作戦の幅と安定性にかけますから。

ところで僕はメジロマックイーンとオグリキャップが好きなので、(ゴルシとタマモも好きだけど)マックイーンを何とか編成したいなと思うようになりました。ちょうど最終コーナーで強い固有の逃げがいればいいだろうと思えてきたときだったので、逃げマイルマックイーン育成という沼に突き進むことにしました。集回つらかったです。

初日

期末が近いこともあり、またマックイーンの育成が大沼だったこともあり、正直練度はまあまあの状態で挑みました。が、やはりルームマッチは圧倒的にレベルが高かったのか、ルムマではそこまで戦績は上がっていなっかった割には勝てましたね。基本的にメジロマックイーンが大逃げしてくれて勝てました。正直オープンはちゃんと対策する人が少ないのかもしれないね。

構想通り、マックイーンとバクシンオーのどちらかが勝つ展開が多く、逃げ馬の安定感ったらないなと。ただ、やはり先駆け持ちの逃げ馬がいると厳しさが見えても来ます。夜は逃げが多くなっていて、逃げ同士で先頭争いにかつことがかなり大事なのがよくわかりました。逃げは前回よりも多かったのは予想通りですが、思ったよりも先行が多く、差しがやたら厚いケースをそんなに見なかったので結構差し、追い込みが抜け出しやすいかも知れないです。

終わりに

正直理想値通りの育成では無かった物の、案外勝てて良かったなと思う反面、ルムマガチ勢は勝率微妙なのでこれは完全にマッチングガチャもありそうです。

今回も脚質、キャラピックの統計を取っていくつもりなので、また記事を挙げるつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました