レビュー「ThinkPad USB TrackPoint Keyboard」

レビュー
スポンサードリンク

大学合格記念のRyzen自作PCに挑戦後、ひとつ不満が残っていました。

「キーボードとマウスが同時に使えない!」

今までノートパソコン、特にThinkPadを使ってきたのでマウスなんて必要なかったんですよね。テンキー付きのキーボードの右にマウスを置くと、ホームポジションがどんどん左へとずれていきます。皆さんはどのように使っているのか疑問です。結局、左手でキーを打ち、右手でマウスを握っていました。

モニターに対し、ホームポジションが左に…


そうだ、ThinkPadのキーボードを使おう

ThinkPadのキーボードに外付け版があることは前々から知っていました。(信者ですし。)でも、高かったんですよね。USBとBluetoothの2種があるんですけど、USB版でも約1万円。高杉!…と思っていたらAmazonで5,940円だったんですよ。即決ですね。


日本語か英語か

価格は20円しか変わらなかったので英字キーボードにしました。理由はロマンです。ひらがなが入っていない方がカッコいい。また、当初使っていたX41が英字キーボードで、使い勝手が良かったのです。[ Alt + ‘ ]で容易に日本語入力に変更できるのでおススメです。


押し心地について

僕が所有しているThinkPadで一番新しいのがX260なのですが、比較するとこのキーボードの方が音が高めかな。押し心地は昔の方が良かったといえばそれまでではありますが、Amazonレビューで書かれているほど悪いとは思いませんでした。


トラックポイントについて

やはり、短くなっていますね。X40のキャップと比較するとよくわかります。

左:X40
右:キーボード付属

また、僕は最近クラシックドームにハマっているので交換しました。

左:ソフト・ドーム
中:クラシック・ドーム
右:ソフト・リム


コネクタについて

Amazonレビューでもよく見かけますが、このキーボードが採用しているmini USBの強度は正直不安です。なぜ、type-Cにしなかったのか。まあ、持ち運ぶために頻繁に着脱する、またはコードをよく引っ張る環境で用いるという訳でなければ特に問題ないと思われます。(36か月保証ですし。)


ドライバのバグと解消法(2019/03/29現在)

このレビューはこのことについて書くためといっても過言ではありません。

キーボードをPCが認識すると自動で「ThinkPad Keyboard Suite Updater」というソフトがインストールされます。これによってトラックポイントを用いたスクロール、カーソルの速度調節が可能になります。特に動作に問題はありませんでした。

しかし、タスクマネージャーからスタートアップを見てみると思わぬ落とし穴が!

アプリが重複して登録されているんです。

ドライバによって登録されたアプリは以下の4つです。

  • MainCpl.exe
  • osd.exe
  • HScrollFan.exe
  • SetSpeed.exe

まず、レジストリのどこに登録されているかを調べてみました。主に考えられる場所は以下の3か所。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  2. HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

[ Win + R ]で表示されたテキストボックスに[ regedit ]と入力して中身を見た結果、上の①と③で同じアプリが登録されていました。(画像の赤格子内)

どちらか片方を消せばよいことはこれで分かったのですが、ここでひとつ問題があります。

重複しているosd.exe、HScrollFan.exe、SetSpeed.exeが32bitか64bitであるかによってどちらを消すべきか変わるのです。(きっとどっちでもいいけど。)Wow6432Nodeという場所は64bitOSで使っている32bitアプリを登録する場所なので、この3つのアプリが64bitならこちらを32bitなら他方のレジストリを削除すればよいのです。

では、どうすれば32bit、64bitを判別できるのか。

僕は手っ取り早くVimを用いてバイナリ解析しました。EXEファイルのバイナリをみて、

  • [ 50 45 00 00 4C 01 ] がある -> 32bit
  • [ 50 45 00 00 64 86 ] がある -> 64bit

と判断できます。

操作手順は単純で、

  1. Vimをバイナリモードで起動: vim -b osd.exe
  2. 16進数ダンプ形式の1バイト表示に変更: :%!xxd -g 1
  3. 上記の文字列を検索: /50 45 00 00 4C 01

以上を繰り返した結果、

  • MainCpl.exe -> 64bit
  • osd.exe -> 32bit
  • HScrollFan.exe -> 32bit
  • SetSpeed.exe -> 32bit

であることが分かりました。

よって、MainCpl.exeが登録されている側の重複アプリ3つのレジストリを削除しました。

これでスタートアップの重複も解消されました。

また、Amazonレビューにも書いておきました。Lenovoへの問い合わせメールも送る予定です。自分の動作環境が原因の可能性もあるので対照実験後まで保留にしています。


まとめ

総評としては、やっぱりトラックポイントキーボードは便利です。ホームポジションがモニター正面になっただけでも相当楽になりました。

ただ、一番はTex Yogaですかね。トラックポイント付きでメカニカル。高くて手が出せませんけど…。Lenovoさんが出してくれれば、それなりに需要はあると思うんですけどね。

 

コメント

  1. 通りすがり より:

    同様の件で検索してたどり着きました
    全く同じ状態でした
    今となってはちうごくメーカーとはいえ、 應用程式が気持ち悪いですね
    osdの方はLenovoサイトのサポートで機種の自動判別で使われるみたいですが、
    maincplxの方が何をやってんだか全然わかりません
    過去にもやらかしてるので、スパイウェアとかじゃなければいいのですが。。。

    • 88IO より:

      MainCpl.exeがスパイウェアかどうか判断できないところが怖いですよね。他アプリが32bitなので64bit互換用のアプリであればいいですが。残念なことにWindows32bit版を所有していないので検証が行えません…
      確認ができる機会があれば記事にまとめる予定です。

タイトルとURLをコピーしました