「あああああああああああああああああああ」

日常

週明け。少量の酒を口に含み、酔拳でキーボードを叩いていたころ。

静寂の中、突然背中から声が響いた。

「あたし、リスニング課題。今あなたの後ろにいるの」

ぞっとした。そんなはずはない。確か先週末に処分したはずだ。

「私、レポート課題。今貴方の後ろにいます。奇遇ですね、同業の方ですか」

気配が増える。どうやら一人ではないらしい。

二つの影は何やら談笑しだした。今しかない。すぐに逃げ切る準備をしなくては。

ピコン

通知音がなる。嫌な予感がした。

「他にも同志がいるようだ。暖かく迎え入れるとしよう」

彼らが振り返る。時間がない。

ピコン

再度通知音がなった。内容は分かっている。どうとでもなれ。そう思いながらスマホに手を伸ばした。

「ぼく、小テスト。今あなたの先を行っているよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました