【Conky】Cairoによるグラフ描画が非常に遅い問題

専門

ConkyはLinuxのシステムモニターのひとつで、デスクトップ上で動作するという特徴がある。

Conky - ArchWiki

筆者の環境ではこんな感じ。

CPUやGPU, メモリ, デバイスの使用率や温度、時計などを円形グラフで表示するようにカスタマイズしている。

88IO/conky
Contribute to 88IO/conky development by creating an account on GitHub.

使用しているパッケージはCommunityのconky-lua-nv

An advanced system monitor for X based on torsmo with lua and nvidia enabled

との記載通りLuaスクリプトとNvidiaを有効化したバージョンのConkyだ。

これが昨年のある時期にグラフ描画が非常に低速化していることに気づいた。

設定ではupdate_interval = 1.0と記述しており1秒ごとに秒針が動くはずなのだが、何故か数秒に1回, 最悪5秒に1回の更新頻度になっていた。

最近に設定を更新した覚えはなく、追加設定がボトムネックになっているとは考えにくい。試しにグラフ描画処理を行っているLuaスクリプトの読込を止めたら更新頻度は直った。グラフ描画を行っているLuaまたは描画ライブラリCairoが悪さをしているらしい。

おそらくシステム更新pamac updateによって

  • Conkyの現行バージョンのバグ
  • Luaの現行バージョンにConkyが非対応

のいずれかの問題が発生したと考えられる。

結論から言うと、ConkyのパッケージをAURのconky-cairoに変更することで解決した。

# yay -S conky-cairo
pamac install conky-cairo

conky-cairoもNvidiaに対応している。そっちを使いましょう。以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました