Ryzenを組んだ件について

レビュー
スポンサードリンク

 

今まで高性能なデスクトップPCを所有していなかったために

  • 3DCGソフトBlenderでのモデリングやレンダリング
  • AviUtlによるエンコード

に時間がかかりすぎていました。

また、自作PCへの興味が元々あったので大学合格をきっかけに組んでみました。


予算(カタチだけの)

今回の予算は初めてということもあり、あまり削らずに10万円程度ということにしました。(まあ、余裕で超えたんですけどね。)大学の入学手続き後に歩いて大須へと向かいました。

以下、購入したパーツになります。


CPU

結構大事な選択ですよね。CPUに予算を割くか、GPUに割くか。僕は思い切って気になっていたAMD製CPU Ryzen 7 2700Xにしました。(16スレッドまでならソフトで扱えるらしいので。)

AMD Ryzen 7 2700X – ¥35,618

マザーボード

安くてメモリ4枚刺せるMicro-Atxマザーボードで探したらコレになりました。「ミドルタワーはでかい。はい、復唱!」

ASRock B450M Pro4 – ¥9,266

GPU

正直、一番迷いました。RadeonにするかGeforceにするかでです。3万円を越したくなかったため、RadeonならRX 580 8GB、GeforceならGTX 1060 6GBでした。迷った末にGeforceにしました。理由としてはBlenderの最適化ですね。NVIDIA製のほうがいいと。

NVIDIA Geforce GTX 1060 6GB – ¥26,978

メモリ

デュアルチャンネルのために8GBx2で安いやつにしました。最安値ではなくヒートシンク付きにしたのはロマンです。意味はありません。

CORSAIR DDR4-2666 2x8GB – ¥12,938

SSD

僕の変なこだわりで2つ購入しました。 M.2 250GBとSATA 500GBです。 M.2の方には気休めにヒートシンクも購入しました。(ここら辺、予算オーバーなんだけどね。)

3点で ¥16,820

電源

Radeonなら700Wを考えていましたが、Geforceにしたので650W電源にしました。安さで言えば玄人志向のBronzeのやつなんですけど、初心者なのでGold認証のものにしておきました。

ASTRAPE P1-650W – ¥7,538

ケース

さすがにでかいので密林で購入。 ミニタワーケースで安いものにしました。有名どころのThermaltake Versa H17です。H18はサイドパネルにアクリル板を用いており、中が見えます。また、フロントがメッシュ仕様なので排熱に関しても良さそうでした。しかし、僕はPCのライティングに興味がなく、設置場所的にアクリル板が見えなくなるのでH17にしました。(価格comで金賞だったんですね。)

Thermaltake Versa H17 – ¥3,139

ケースファン

購入したケースにはファンが1つしか搭載していなかったので追加で2個買いました。1,000円程度でPWMファンが買えるっていいですよね。(実はこのファンが思いのほか好印象だったために付属ファンの音が気になり、後日追加購入してしまいました。)

KazeFlex 120 DualFan Kit(こちらの方が200円程安かった)- ¥2,116

合計

以上、合計102,997円です。値段が合わない?それもそのはず、GOODWILLさんで約12,000円の値引、割引をしてもらいました。

何か忘れてませんか。そうです、Windowsさんです。彼は高いですね。17,258円でした。くっ、あいつさえいなければ・・・

ということで最終的に120,255円です。

組み立て後
デスク周り(壁紙はFLCL)

これから

キーボードとマウスは使っていたもの、もらったものを使っています。しかし、マウスパッドがない!

卒業証書で代用

イヤホンは愛用しているSONYの耳掛けのものを使っています。しかし、マイクがない!

結構いいんですよ

マウスパッドはまだしもマイクはないとDiscordでチャットが出来ません。購入予定です。


Ryzenの力はいかに

定格での使用予定でゲームは特にしませんが、一応Cinebench R15 と R20で計測しました。

Cinebench R15 – CPU: 1727 cb
Cinebench R20 – CPU: 3954 cb

性能よりも気になっていたのはCPU温度です。付属クーラーで大丈夫なのかどうか。Core Tempで計測したところ、Max 76℃でした。まあ、すぐに換える必要はないかな。


現在、各ソフトウェアのインストールと設定を行っています。

  • 編集関連
    • Gimp
    • AviUtl
    • Blender
    • FFmpeg
  • プログラミング関連
    • Miniconda
    • MSYS2
    • Atom
    • NeoVim
    • VSCode
    • Git
  • モニターツール
    • HWMonitor
    • Core Temp
    • CPU_Z
  • その他
    • Chrome
    • Screeenpresso
    • Discord
    • LINE

X41で使っていた設定ファイルがVim8用なのでNeoVim用に書き換えたいのですが、現在の設定が使いやすくdenite、deoplete、defx等への移行はまだ先となりそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました