外出自粛なので自宅でアウトドア読書してみた

日常

近頃、イベント自粛や大学開講の延期等で外出する機会が少なくなった。今現在アルバイトをしている訳でもないので完全引き篭もり状態になってしまい、「これはまずい」と感じるに至ったので外の陽を浴びることにした。

とはいっても行く場所がない。

近所の公園のベンチで長時間寝ていたら下手すると通報案件であるし、カフェ等の店では本末転倒である。

そう思いながらふと自宅の庭を見てみると、都合の良いところにベッドが置いてあった。青空ベッドだ。

ここがちょうどいいじゃないか、3つの「密」を避けながらも屋外で時間を潰せる。まあ、運動不足といった側面では何の解決にもなっていないが、1日中自室に籠もって作業しているよりも良い気分転換になるだろう。

さて、横になりながらできる有益なことといったら読書だ。少なくとも筆者個人の意見としては読書だ。これまた都合の良いことに最近買った専門書をまだ読み終えていない。

小一時間読んでいたら日差しが強くなったな。そうだ傘を差そう。

水分補給のために毎度リビングに戻るのは面倒臭いな。そうだ水筒を常備しよう。

なんか静か過ぎて眠くなってきたな。そうだCDラジオを持ってこよう。

次々と設備を追加していったら楽しくなってきた。小学生の頃、橋の下に秘密基地を作っていたことをふと思い出す。

気づけば3時間程経っていた。

このような体験は多くの時間がありながら外に出る機会の少ない「今」だからこそできるのかもしれない。

できれば設備等の拡張を進めていきたいところであったが、あいにく今週末の天気は芳しくないらしい。「週末はホームシアターでも楽しもうか」「来週は思い切ってウッドデッキの改築でもしてやろうか」、そんなことを考えていると自然と気分も明るくなる気がした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました