日常Durey

映画を見るときのマナーって?ポップコーンの陣

日常

こんばんは、Dureyです。

先日、約2年ぶりくらいに映画を見に行ったのですが、見に行く前に映画を見る時の個人的なルールについてブログメンバーの88IOと積雲と話す機会がありました。

今回は、軽い映画の感想と3人で話した内容を話していきたいと思います。

 映画を見るきっかけ

2年も映画を見に行ってないのに。なぜ突然見ることになったのかというと、それは88IO氏がオススメしてくれた映画が上映されていたからです。

それが、「映画大好きポンポさん」っていう映画。

88IO
88IO

オススメだから、近くで上映してたら見てくれ!

と言われ、家から徒歩15分くらいのところにある一番近い映画館の上映一覧を確認してみると。上映していることが分かったので、次の日の夜に見に行きました。

 

映画の感想

詳しい映画の感想は88IOが書いているので、こちらをご覧ください。

【感想】劇場アニメ『映画大好きポンポさん』
この作品は遊び心に溢れている。ギャグシーンでもないのに笑みが零れる。口に出ていないかと心配になるほどの感嘆を覚えた。まず面白いのは場面繋ぎだ。映画の撮影手法といったものに詳しくもないが、良い意味で既視感を覚える場面遷移にはニヤニヤす...

※少々ネタバレが含まれます(なるべくネタバレしないように書きますが!)

このお話は、主人公が自分と映画との関係性を見つめ直しながら監督として映画を作っていく物語となっています。

映画の最初の40分くらいは、絵はものすごく綺麗だけどストーリーの面白みに欠けるかなと思っていました。

でも、後半から盛り上がりを見せてきて、それを音楽と綺麗なアニメが畳みかけるように心を揺さぶってきます。

そして、この映画が伝えたいことである「大切な何かを残すということは、それ以外を犠牲にすることなんだ」というメッセージは、私に強い衝撃を与えました。

つい、様々なことにあれこれ手を出して全部やってしまいそうな私達ですが、自分の大切なもの、守りたいもの、好きなことを続けるためには、他の大切なものを捨てざるを得ない瞬間が人生にはあると思います。

そんなとき、皆さんには他の物を切り捨てる勇気がありますか?

それほど残したくなるような大切なものは皆さんの中にありますか?

こんなことを改めて考え直し、自分を過去と未来を見つめなおす良い時間になりました。

映画のルールってなんだろうね

こんな話をし始めたのは、私のこの一言がきっかけでした。

Durey
Durey

88IO!

映画でポップコーンは食べるべきですか?

88IO
88IO

僕は食べない。

映画の最中にムシャクシャ音が出ると気になるから、少なくとも僕は食べないし、飲み物も飲まない。

Durey
Durey

(食べない理由が88IO君らしい。

88IO君は映像作品という物を作る大変さを身に染みて分かっているので、一分一秒も無駄にしたくないのだろうな。)

 

積雲
積雲

いやぁ、僕は食べちゃうなぁー。

Durey
Durey

なんか映画館行くと無性に食べたくなるよね、キャラメルポップコーンって。

飲み物だけ買って入ることにした

今回は、88IOのおすすめの映画ということもあったので88IOスタイルで映画を見ることにした。

ですが、飲み物だけはさすがに欲しかったので購入してシアターに入りました。

実際に映画を見ていると、88IO君が言っていた気持ちが分かりました。

音楽と映像が自分の脳内を充満しているときに、ポップコーンの咀嚼音が鳴ると、何か現実世界に突然引き戻されるような気がして少し嫌でした。

まぁ、気にしすぎなのかもしれませんけど、私も今度からはポップコーンを買わないようにしようと心に決めた日になりました。

まとめ

久しぶりに映画を見て、「今まであまり見てこなかったけど凄くいいものなんだな」と認識することができました。

もちろん、88IO君が私が好きであろう音楽、ストーリー、映像が使われている作品を選んでくれたのもあるかもしれませんが、今まで敬遠してきたのを少し後悔しました。

これからは、少しくらいは見てみたいと思います。

では、また

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました