日常Durey

やるべきこと、やりたいことを貫き通す難しさ。

日常

こんばんは、Dureyです。

最近、思ったことがあったのでメモ程度に書き残しておこうと思います。

大学生になって初めての夏休みに突入し、時間に余裕がある日々がやってきています。

しかし、以前に「動画編集の勉強をする」とこのブログで宣言したように、私は現在、編集の勉強をひたすらしています。

大学生の夏休みらしいことは全くせずに。

なんでこんなことするかって?

それは、2浪したことで普通の大学生と時間に対する価値観が変わってしまったからだと思います。

「時間は有限」「今の時間を何に使うか」「何を目的に何を勉強すればいいか」

こんなことを、浪人していれば意識せざるを得ません。

僕にとって浪人していた2年間は、長く苦しかった…というより、毎日やるべきことをやるのに必死だった日々で、意外にも時は早く過ぎていきました。

特に2浪目は一瞬でしたね。

そんな経験があるからこそ、大学4年間はすぐに終わってしまうような気がするのです。

大学が終われば、親に頼らず自分でお金を稼がなければいけないわけで、それまでに自分ができることを1つでも増やしておかなければならないという危機感が自分にはあります。

「自分は無力だ」そんなことを高校、浪人で死ぬほど味わったからこそ、今やらなければ後悔するような気がするんです。

今は、自分ができる映像編集を極めて、少しくらいお金が稼げる状態にしたいと思っています。

でも、周りは緊急事態宣言などお構いなしに遊んでいる人も多く、「何してんだろう、この人たち」って正直思います。

これが、現役生か浪人生かの違いなのでしょうね。

とはいえ、現役生は浪人生より効率がいいので、それでも何とか出来ちゃうんでしょうね。

僕は「頑張る人達と一緒に頑張りたい。」

そう思う人間なので、自分からどんどん環境を変えて努力を続けたいと思います。

まぁ、言うのは簡単でも、やるのは難しいのは重々承知しているので、自分に厳しくしていきたいと思います。

なんとなく、最近思ったことでした。

では、また次の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました