スポンサーリンク

Hawaii観光~海の写真とダイアモンドヘッドトレイル

日常

ハワイ観光録です。また、写真は全てGoogle Pixel 3aで撮っています。Pixel 3aのカメラが気になる人も是非見てください。

なお、人の顔にモザイクを掛けたりする関係で、画質にブレがありますご了承ください。

はじめ

今年の夏休みにハワイ観光に行ってきまして、そこでの観光レビューとなります。今は11月?知らんな。

今回のチャートは4泊6日(初日は国内移動+飛行機なので滞在時間は5日)、ハワイ滞在一日目は到着後にワイキキ散策、二日目にビーチ巡り、三日目はダイアモンドヘッドトレイルとマノアフォールズトレイルをはしご、四日目は真珠湾、五日目に帰宅という感じでした。本記事はダイアモンドヘッドトレイルまでとなります。

ハワイといえば!やっぱり海!

これがかの有名なワイキキ ビーチ。シェラトン ワイキキ ホテルの前からダイアモンドヘッドを望む。

さすがのハワイ。海やビーチのきれいさは言わずもがな。シェラトンワイキキホテルの前はワイキキビーチ、サーファー、椰子の木、バニヤンツリー、ダイアモンドヘッドとそろい踏み。ハワイ観光RTA走者なら必見スポットですね。

ワイキキビーチの夕空。デューク ガハナモク象のあたり。

暗くなると顔色を変える海。波音を聴きながら、心地よい風を頬で感じる。

夏場の風、日本ではクーラーの効いたリビングから人が使った後の風呂場に行ったときのような熱くてジメッとした物だが、ハワイでは違う。5月の乾燥して、適度に涼しさを感じられる風に近い。

ダイアモンドヘッド RTA

Real Tozan Attackです。といってもダイアモンドヘッド、標高232m登山といえるか謎ですが。

Speedrun.comにてDiamond Headで検索したところ、な ぜ か、一件もヒットしなかったので、僕が最初の走者となりますが、結局普通に上ったのでレギュレーションとかはないです(RTAとは)。作りたい人で作って。

朝の7時。ダイアモンドヘッドの登山道に向かう道。ƒ/1.8 1/23256 4.44 mm ISO 80

登山道の入り口は環状になった峰の中にあり、そこまでは車道が通っている。その道中の写真です。

環状の峰の内側に入るトンネル。

トンネルを抜けても、そこは米国でした。目の前にあるのが今から上る山。

 

入り口です。入場料は1ドル。

道中、何カ所かビュースポットがありました。だんだん高くなって行くにつれ、いい景色が見えてきますね。

ƒ/1.8 1/23256 4.44 mm ISO 80 道中

ƒ/1.8 1/7813 4.44 mm ISO 50 いい感じの緑~

というわけで登頂しました

わずか20分足らずで頂上に到着しました。

さて、完走した感想ですが(激ウマギャグ)、登山道は地面が踏み固められており、手すりもあったので、非常に上りやすかったです。ただ、午前7時と朝早く来た割に人が多く、列になっていたので速く駆け上がるとかは断念しました。ただでさえ道が狭い中、下山時にはさらに混んでいたので、タイム短縮を狙う読者兄貴は来る時間は考えた方がよいですね。午前7時時点で駐車場も埋まっていましたし。

おまちかねの報酬です。勿論絶景でした!!!!!

ƒ/1.8 1/2611 4.44 mm ISO 61 頂上からワイキキを望む

絶景。海の青さといい、雲の雰囲気といい最高ですね。

さて、その他の総評ですが、麓にトイレや売店もあって観光地ダナって感じでした。そこにパイナップルが沢山並んでるお店とかも合って、インスタ映えとかも狙えそうなので、サブターゲットにしてもいいんじゃないんでしょうか。

僕は下山後、帰りに近くでやってたファーマーズマーケットでご飯を食べてFinishしました。適度な運動になって楽しかったです。

この記事では以上ですが

まあ、これ以外にも書くことあるので、これもう一回くらい続きます。

Manoa Falls Trailとかね。後ご飯の話もできたらいいな。と思ってます。

ハワイに行ってからかなり火が相手からの投稿になりました。あまりにも筆が遅い。そんなわけで次こそはなるべく早く出したいと思います。年内には。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました