初心運転者がロードスター(NB)で三ヶ根山スカイライン

日常

先週、父と三ヶ根山スカイラインまでドライブに出かけた。

今回は一眼レフの充電を忘れずに持参。

父のおさがり Nikon D40X
88IOです。なんか最新記事を見ていたらブログ内でカメラ関連が流行っていたので便乗します。タイトルから見て分かるとおり、僕が愛用しているのはNikon D40Xです。

乗用車はマツダ・ロードスター(NB)。

先月、再塗装を手伝ったばかりの車体だ。

昨年にMTで自動車免許を取得したので「良い機会だから」とMT車を運転しているが、8月末までは初心運転者だ。

結局ATしか乗らないのは勿体無い。楽しまなければ損。

近頃はコロナ自粛も相まって運転する機会は少なく、始めは困惑する部分もあったが直ぐに慣れた。やはりロードスターは良い。二人乗りの車体はコンパクトで、小回りがめっちゃ利く。

自分のような初心者でも「運転しやすい」「楽しい」と感じられる。

という訳で舞台は三ヶ根山スカイライン。道中迷った。車道は狭い上にゲート前は紫陽花が車道にはみ出している。おそらく一人ではこなかったし、Uターンしていただろう。

通行券は意外と高かった。父も意外だったらしい。

天候も良く、景色は素晴らしかった。車道も整っていたので不快感はなく、急カーブをクイッと曲がる快感があった。

撮影のため、父が運転

一度あじさいラインなるところに車を駐めて外に出てみた。

なるほど、空気が心地よい。

日差しも特別強くなかったので、屋根をオープンにした。これこそオープンカーの特権だ。セキュリティは二の次。

高台から見下ろす景色はなかなかの眺め。ゲームの背景CGでありそう。

紫陽花も多様な色で咲き誇っていた。

個人的には青が好み

少し歩くと慰霊碑が多く見られた。太平洋戦争の時のものらしい。

復路はオープンのまま帰ることにした。上の道での屋根なし80km/hはなかなか爽快。

トンネルの反響音が途轍もないことも発見した。初めての経験で何か轢いたのではないかとビビる。

最近は自宅に籠もっていることが多いので良い気分転換になった。オープンカーの運転は日に焼けやすいのでアウトドア用の帽子を新調してもいいかもしれない。

ただ、問題は初心者マークとスポーツカー(オープンカー)が絶望的に合わないことだ。妹にもロードスターで迎えに来ないように言われた。泣ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました