GooseIsland IPA:フルーティーな入り、後味は苦し。

レビュー

定例会議をお酒飲みながら書いてる積雲です。

せっかく珍しいお酒を飲んだのでレビューします。GooseIsland IPAです。

IPAとは

インディアン・ペール・エールの略です。ホップが多めなビールです。苦味が強いのが特徴。

GooseIslandとは

シカゴにあるビール会社。今日買ったので詳しいことは公式サイトを見てくれ

グースアイランド - GOOSE ISLAND
シカゴを代表するクラフトビール、グースアイランド日本公式サイト。HONKERS ALE、GOOSE IPA、SOFIEなど商品情報をご紹介。

 

外見

緑色の商品名が印象的。

キャッチコピーがかっこいい。

WE DON’T NEED TO BE THE ONLY BEER YOU DRINK.

WE JUST WANT TO BE THE BEST BEERYOU DRINK.

(このビールは)あなたが飲むビールというだけである必要はない。ただあなたが飲んだ中で一番うまいビールでありたい。

かっこいいですね

最初に柑橘系の味が来ます。グレープフルーツみたいな感じです。そのあとにガツンとホップの苦味が襲ってきます。めっちゃ苦いです。思わずおつまみのベビースターラーメンが止まりません。IPA苦いと聞いていましたが、ここまでとは。

アルコール6%ですが、あまり強さを感じません。しかし苦いので必然的に飲み方はちびちびという感じに。

後で気づいたことですが、ゲップがでるとなんかいい香りがします。苦味が鼻筋を通って気持ちいい。

筆者は普段はリキュール系しか飲んだことなく、ビールとしては人生二本目でしたが、楽しめました。

まとめ

フルーツ系とホップの苦味のダブルパンチ。

ゲップが気持ちいい。

おつまみが進む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました