デスクトップキャラ作成の反省点

専門
スポンサードリンク

前年、このブログがまだ「受験生の余暇活動’であった頃、受験勉強の真っ只中に投稿した記事についての反省です。

DxLibでデスクトップキャラクターアプリ作成

いや、酷いですね。変更を加えたものもまだ酷いですけど…


ソースコード

GitHubにアップロードしてあります。

URL:https://github.com/88IO/DesktopChara


UMLの見直し

Before

Inout.cppいらなくない?

入力(キーボード、マウス)機能をすべて統合したために他のファイルからのアクセスが多く、可読性も低下する原因になっています。

After

そこで、Screen.cppでマウス入力の監視、Character.cppでキーボード入力の監視をするように変更しました。


問題点

現在、日本語表示ができないという問題にぶつかっています。

原因として考えられるのは、Shift-JISとUTF-8の混在です。しかし、コンパイルオプションに–exec-charset=cp932はいれているんです。

僕はMSYS2のMinGWアプリ群をAtom(PowerShell)から叩いて使っています。これのせいなのかもしれません。

もしくは、clangがShift-JISに対応していないことが挙げられます。


もし解決したら報告記事を投稿する予定です。また、「これが原因じゃない?」などの意見がありましたら是非コメントしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました