【ウマ娘】ジェミニ杯オープンリーグの傾向、メタ環境予測!

日常

トレーナーの皆さんお疲れ様です。Rokuです。ばばんば~。

ジェミニ杯が6月の中旬頃(14日~)に開催するとの告知がありましたね。タウラス杯の様子と今回のレース条件から傾向予測をしたいと思います。一つ断りを入れておくと、オープンリーグについての話になります。

ジェミニ杯の概要

開催予定日 6月14~20日

京都 芝 3200m 右 外 春 晴 良馬場

春の天皇賞と同じ条件になります。

タウラス杯のメタ

タウラス杯で明らかになったのは、明らかにゴルシゲーだと言うことですね。

差し、先行脚質と比べて垂れウマになる危険性が少ないというのが一つ、固有スキルの浮沈艦の強さ、育成のしやすさが人気の理由だと思われます。特に追い込み、差し脚質は、要求スタミナ値が低いと言うのも理由の一つです。先行が一番スタミナが要求され、次点で逃げが多いです。そういう点で追い込み脚質が選ばれやすいのかなという印象があります。また、ゴルシが多いのは作戦と編制的に追い込み脚質を選ぶと誰でも持っている追い込み脚質はゴールドシップになるという背景でしょう。Nemesisの発動率はタイシン引けなかったので解りません。

また、デバフ枠もしくはデバフスキル持ちを見る機会が多かったです。特に差し脚質のナイスネイチャがデバフ枠に抜擢され、デバフネイチャがやや流行っていた用に感じます。ささやきがヒットするのは差しウマのネイチャから見て前方と言うこともあり、またナイスネイチャは対追い込みのデバフ持ちではないと言うのもあり、余計に追い込みウマが伸びやすいと言う印象がありました。

まあ後半はスタミナを多めに盛るなどの対策がされはじめたため、威力は下がってきましたが。

また、ステ振りやスキル取得を見ると,ステータスを多めに盛り、スキル取得は金枠一つだけ、金1白1等、0~4個が強いウマに多い傾向でありました。特に賢さにステを振ると、その分評価点リソースを割くと言うことですから、賢さに振りたくないですよね。賢さはスキル発動率に影響している以上、スキルは多くても実発動スキルは多くないと言うことになりかねず、評価点を損してしまいます。そういう面で見ても、緑スキルしか搭載しないでステに振ると言うのはかなり賢さを最小限に抑える上で効果的なステ振りだと思われます。

基本的にスピード、スタミナをしっかり振る代わりに根性賢さDというステ振りを良くみました。

ジェミニ杯はスタミナが肝?

ジェミニ杯は長距離であり、スタミナを重要視する必要があります。特に3200mという長距離でも非常に長い距離と言うこともあり、スタミナ量をまず考えねばなりません。例えば逃げスピード900、根性400ですと、スタミナは950以上と金スキル1個、白回復1個が早いタイミングでのスパートに必要なスタミナとなります。先行なら1000超えます。こうなるとスキル、賢さに割り振れるステは必要最低限になります。

要求スタミナが900~1000+金回復スキルは満たす方が良い数値になりますね。

ただし、実際はデバフの影響、掛かり、競り合いや位置取り替えなどによってさらに要求スタミナは増えることを考える必要があります。となると900~1000+金スタミナスキル2個、もしくはスタミナSまで確保すると言うのも一つの手かも知れません。となると、育成はスタミナ上振れを目指すという大変さもありますが、オープンリーグ的には評価値8199点のうち3000点~3500点をそこに割くことになり、ステ振りの厳しさが見えてきますね。

ここで根性が生きてくるか?

1~2ヶ月前には死にステと呼ばれていた根性ですが、今回その意義が見られるかも知れません。

ラストスパート時はスタミナの消耗が激しく、そのときに根性がスパートの粘り強さに影響すると言われています。要求スタミナの多さ、デバフメタ、から、ウマ娘はスパートでスタミナ切れになりやすいレース環境だと思われます。そのため、ラストスパートでの性能を上げるのなら根性の値はそれなりに必要になるかも知れません。

また、B育成である以上、スタミナを1100から1200にあげるよりも、根性を350から500に積む方がスキル1つ分評価点効率が安いというのは押さえておくべきでしょう。根性ースタミナー回復スキルのバランス調整が今回の鍵となりそうです。

デバフ枠の台頭

総合的にスタミナがカツカツなウマ娘は増えると予想され、スタミナデバフ、タウラス杯以上に強力になると思われます。スタミナデバフはOO焦り、OOけん制、眼光、にらみがこれに当たります。スタミナ値を削ることでスパート位置を遅らせたり、ゴール前でへばって速度が急落するといった挙動を狙えます。

また、特にオープンリーグではステ振りの結果賢さが低く掛かりやすいウマ娘が非常に増えると思われます。賢さの低さは掛かりやすさに影響します。かかるウマが多ければ駆け引きやトリックが効果を生む可能性が高くなります。

また、レース展開がへたなウマ娘が増えると言うことでもあり、視野スキルによって垂れウマにさせるのを狙う手も使えるかも知れないですね。

となると、全員がデバフ枠を持ち出すのが次のメタ環境になるだろうなという予想が立ちます。特に、ナイスネイチャの八方にらみは広範囲に撒けるスタミナデバフと言うこともあり、まあネイチャは流行るだろうなということは容易に予想が付きます。

メタウマ娘

追い込みゲーになる気がしますね。追い込み脚質はスタミナ要求値はやや低く抑えられますし、スタミナもりもりゴルシが次のメタだろうなという感覚ですね。

もう一つ、固有が回復スキルのスーパークリーク(ピュリティーオブハート)もメタに入りそうです。スタミナと回復スキルの占めるウェイトが重い以上、固有回復を持っておくことで、スタミナ切れ対策がしやすいのがポイントです。

また、デバフ枠として前述のナイスネイチャですね。今回中距離デバフスキルのささやきは効きませんが、八方にらみは健在です。また独占力もないので、グラスワンダーは今回はデバフ枠としてはいまいちであり、よりネイチャのピック率は上がりそうです。

さらにエアグルーヴもメタ入りする可能性があります。追い込み脚質メタが読めている以上、追い込み焦り、追い込みためらい、かく乱持ちであるエアグルーヴは、対追い込みメタとしてピックする価値があります。

まとめ

長距離であり、回復スキル、スタミナにリソースをしっかり割きたい。

スタミナが重要課題である以上、追い込み、スパクリ、スタミナデバフ枠がメタになりそう。

と言ったところでしょうか。デバフサポカについての記事をまたジェミニ杯までに上げるつもりです。

過去にB育成の育成終盤の調整で参考になるかも知れない自分用のメモを記事として書いたのでそちらも参考にどうぞ。

実際の脚質利用率の調査、入着脚質の傾向調査とデバフの状況、デバフサポカ紹介について書いた記事を上げました。

ジェミニ杯初日のデバフ動向を見る/おすすめサポカ紹介
ジェミニ杯始まりましたね。皆さん戦績いかがでしょうか。2エントリーだけしましたが、9勝いただきました。スタミナ回復スキルに頼り最速スパートさせるという方針で育てたためスキル発動率のあおりを受けやすいのがつらいですね。決勝までに再調整でき...

参考までにこちらもどうぞ。

ジェミニ杯オープンリーグの環境推定~入着ウマのキャラピックと脚質分布データと編制考察~
ラウンド2が終わりました。ここまで皆さんの戦績はいかがでしょうか。おかげさまで勝率8割5分と良い結果だったかなと思っています。とはいえ、決勝ラウンドはしっかり対策されたチームに当たる可能性が高いので、調子とスキル発動率のお祈りが必要です...

ひとまずはイベント攻略とチャンピオンズミーティング対策頑張ろー。えい、えい、むん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました