生ハム原木との同棲生活 #1

日常

引っ越しが終わって早一か月。そろそろ新しい生活にも慣れたなあ、といったところで、実家にいたら絶対にできないようなことを試したくなるものだ。

その種の好奇心と深夜テンションで買ってしまったのがこちら。ハムの原木である。

購入先はこちら

ハムの原木を買うのは初めてなので、無難に1kg、台とナイフ付きのものを選んだ。初めからでかいものを買うと余った時が大変だ。

生ハム・開封の儀

箱はこんな感じ。

開くといきなりハムが出てくる。その威圧感に胸が高まる。

積雲
積雲

早く網の向こうの太ももが食べたい。(食欲的な意味で)

中身はこんな感じ。説明書とハム本体、ハム置台、ハム固定用ねじ、ハム切ナイフだ。いたってシンプル。

早速説明書通りにハムを台にセットしてみた。すでにカット可能な状態になっている。早速ナイフを取り出し切ってみることにする。

スルスルとナイフが通り、あっという間に一切れとれる。

積雲
積雲

もうなんかね、切るのがクセになるわ

味見すると少ししょっぱく、やわらかい歯ごたえと油の風味が広がる。

積雲
積雲

うん、素でもいけるなコレ。

積雲
積雲

とりあえず一品作ってみよう!

生ハムキャベツサンド~トルコ風

食パンの上に生ハムを敷き詰める。そしてオーブンで片面3分ぐらい焼く。

焼き終わると生ハムが少しパリッとしている。生ハムよりも焼きハムのほうが好きなのでこっちがいい。

その上に千切りキャベツとコブサラダドレッシングをかける。

あとはパンを半分に折ったら生ハムキャベツサンドの完成だ。

コブサラダドレッシングのおかげで大須のケバブ屋で食べるケバブサンドみたいな味になっている。

 

積雲
積雲

味は・・・うーん、コブサラダの主張が少し強いけど塩っぽさがキャベツとマッチしてうまい

積雲
積雲

そういえばケバブと生ハムってどっちもナイフで切り出して作るんだよな・・・・じゃあこいつはトルコ風ってことにしよう。

積雲
積雲

この手軽さは朝に食べたいな。サンドイッチだし。

積雲
積雲

あーこんなのが毎日食えるなんて最高かよ。

なんて思いながら、ハムの断面にティッシュをかぶせ、冷蔵庫に入れる積雲であった。

まとめ

積雲
積雲

深夜テンションでポチったハムの原木ですが、買ってよかった。

積雲
積雲

とりあえず結構切ったけど全然残ってるので、毎日いろんな料理に使って消化していきたい。おいしい食べ方が見つかったら、その都度記事にしていこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました