Razer BLACKWIDOW ULTIMATE 2016 EDITIONレビュー

雑談
スポンサードリンク

こんばんは、Dureyです。

今回は、メルカリで買ったRazer BLACKWIDOW ULTIMATE 2016 EDITIONのレビューをしていきたいと思います。

買った経緯

僕は、現在、ELECOM TK-FCM062BKという近所のパソコンショップで買ったキーボードを使用しているのですが、ブログの規模が大きくなっていき、勉強も結構頑張っているということで自分へのご褒美にRazer BLACKWIDOW ULTIMATE 2016 EDITIONをメルカリで6000円くらいで手に入れました。

これに決めたのは、単純にゲーミングキーボードに触ってみたかったというのもあるし、キーボードを光らせてみたかったという好奇心からというのもあります。

なんか、かっこいいじゃん!

使い始めて1週間で使わなくなった

買ったはものの、僕はこのキーボードを使い始めて1週間くらいで使わなくなってしまいました。

理由は、具体的に二つあります。

1.指がめっちゃ疲れる

ワーキング用のELECOM TK-FCM062BKに比べると、キーが重くて、長時間の作業には向いていないなと思いました。

まぁ、そもそもゲーミング用ですしね。

ブログの記事を書いていると、一つの記事に平均して30分~1時間くらいはかかるのですが、その時間だけでも結構疲れてしまうんですよね。

「キーボードなんて慣れだから、もう少し使ってから評価しろよ」というお声もあるとは思いますが、そんな時間があったら、僕はこの安物キーボードでたくさん記事を書きますね(笑)

2.音がマジでうるさい

まぁ、こんなのゲーミングキーボード買うなら分かってることなのですが…。

僕は、定例会議(Discordで会議)をしている最中に、同時に問題点を解決するために作業をするので、ゲーミングキーボードのタイピング音がうるさすぎて、メンバーに嫌がられます(笑)

定例会議のたびにキーボードを付け替えるのはとてつもなくめんどくさいので、結局使わなくなってしまいました。

メルカリで売るか…

買ってから1ヶ月半後、僕はメルカリで売ることを決意しました。

「おいおい、もったいないぜ…」と思う人もいるかもしれませんが、使わないのでしょうがないですね。

同時に、使ってなかったパソコン関係の部品も売ることにしました。

6900円で売りに出したところ、約1日で売れました。

やはり、Razerは未だに根強い人気があるのですね。

でも、メルカリは手数料を1割、送料を出品者負担で販売したので、購入金額から考えると少し赤字かな…。

まぁ、でもしっかり楽しんで、記事をかけたし、満足かなと思ってます。

HARD OFFとかに売ったら、もっと安値で買われそうだし…。

まとめ

そもそも、ゲーミングキーボードをワーキング用に使うのは無理がありますね。

僕は、キーの重さが軽くて、タイピング音が鳴りにくいキーボードを探す旅に出ますかね。

もし、「かっこいいから!」という僕みたいな理由でゲーミングキーボードをワーキング用として使おうとしている人は、少し考え直したほうがいいかもしれません。

そんな人いないとは思いますけど…(自分バカすぎ。)

では、今回はこの辺で。また、次の記事でお会いしましょう!

下に、Like,Dislikeボタン、コメント欄があるので、よかったら評価残していってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました